バブルを経験した肉食系の世代

浮気調査 埼玉

40代から50代の男性は、まだまだバブルを経験した肉食系の世代で、うら若い女性 との付き合いを好むので、双方の必要としているものが一致して不倫の状況になってしまうようです。
不倫というものは男女の結びつきを終了させるという方向に考えるのが当たり前だと思われるので、彼が浮気したことがわかったら、関係を断ち切ろうとする女性が多数派であることは確かでしょう。
離婚の可能性を想定して調査を決行する方と、離婚の予定は皆無であったにもかかわらず調査の過程で夫の不貞に対して耐えることができなくなり離婚を決める方がいて離婚へのプロセスも様々です。
不倫行為については民法第770条に掲げられる離婚に関する事由になり、家庭生活が壊滅状態になったなら婚姻の相手に裁判に持ち込まれる状況になることもあり、慰謝料の支払い等の被害者に対する民事責任を負わなければなりません。
信じていた結婚相手が他の女と浮気して自分の存在さえ否定されたかのような思いは推し量ることができないほどのものであり、心療内科や精神科を受診する依頼人もかなり多く、心理的なショックはかなりきついと思われます。