探偵コラム15

探偵コラム15

探偵コラム15

浮気の証拠集めを頼む立場としては、何軒かの業者から見積もりを取る「相見積」で何軒かの事務所に同様の条件下で計算した見積もりを出すように求め詳細に検討することが妥当です。浮気の調査をする際はまずは尾行と張り込みの調査が基本となるため、仮に調査対象にばれる事になった場合は、その後の捜査活動が難しくなり続けていくことができない状態となってしまうケースもあります。40代から50代の男性の大抵は妻や子供がいますが、家庭で生じる様々な問題や仕事でのストレスで疲労がたまっているはずなのに若い女性と 浮気ができるというなら積極的に行きたいと密かに思っている男性は多いのではないでしょうか。帰宅する時間、妻への向き合い方、身だしなみへの気合の入り方、携帯を気にする回数の異常な多さなど、奥さんは夫が見せるいつもとは異なるふるまいに鋭く反応します。不倫に関しては民法第770条に掲げられる離婚に関する事由に認められ、不倫により家庭が崩壊したのであれば結婚相手に裁判に持ち込まれる可能性があり、損害賠償等の被害者に対する民事責任を負わなければなりません。