調査にかかるコスト

浮気調査 埼玉

歴史的にも、「浮気は男の甲斐性」という言葉通り妻を持つ男性が若い未婚の女性と不倫をしている状況になってしまう場合限定で、許すというムードが長い事継続してきました。

 

浮気に没頭している夫は周辺が見えない精神状態になっていることがままあり、夫婦で協力して貯めたお金を断りもなく相手につぎ込んだり街金から借り入れたりする場合もあります。

 

詐欺まがいの悪徳探偵社は「調査にかかるコストが異常に高額」だったり、「最初に提示する調査料金は安価なのに最終的な総額が異常な高額になる」とのトラブルが頻繁に認められています。

 

不貞行為としての不倫とは、結婚している男または女が自分の配偶者とは違う男性または女性と恋人関係になり性的な関係にまでなることを指します。(配偶者を持たない男性または女性が夫や妻がいる相手と恋愛感情の伴った交際をし性行為まで行う状況も当然含まれる)。

 

探偵の仕事である尾行や張り込みを実施することが軽犯罪法で定められている「違法な付きまとい」に抵触するケースもあり得るので、スムーズに調査を進めるには用心深さと確実な技量が要求されるのです。