浮気をしている相手が

浮気調査 埼玉

浮気をしている相手がどういう人物であるかがわかった場合は、ご主人に損害賠償等の支払い等を請求するのはもちろんですが、不倫した相手にも損害賠償や慰謝料などの支払い等を要求することができます。
何かの瞬間に気持ちがふらついて不貞行為となる関係を持った事実があるのなら、手遅れになる前に率直に打ち明けて真摯な態度で謝ったのであれば、今までよりずっと絆を強くできるという希望もあるかもしれません。
浮気の予感を察することができていれば、もっと手際よく苦痛から逃れることができただろうとは思います。しかしパートナーが裏切るわけがないと思いたいという気持ちも理解できないわけでは断じてありません。
不貞行為についての調査の依頼をするかどうかは別として、感情を交えずにご主人の疑わしいふるまいを探偵業者に聞いてもらって、浮気と判断していいかどうかにおける参考意見を受け取るのも選択肢の一つとしていいかもしれません。
心理的にボロボロになって打ちのめされている顧客の弱みにつけ込むたちの悪い探偵事務所も存在するので、本当に信頼して任せていいのかグレーゾーンだと感じたら、即時の契約は回避して十分に検討し直すことを優先した方がいいでしょう。